賛助会費半額キャンペーンのお知らせ

安全点検アプリも無料でお試し!

次のような取り組みを支援しています。

経済済産業省製品安全課では毎年11月を製品安全総点検月間としています。消費生活用製品にこれまで関係のなかった産業用機械などのメーカー、流通小売などではこのことを知らない状況です。

食品製造に関わる製品、食品加工、生産者も「PL法などの法律で考えると例外ではありません。特に北米でのバイオテロ法の元の食品安全強化法による「体制整備の脆弱性」をどのように理解するか、またEC指令でいよいよ情報などの無対物の責任が明確になるようです。さらにこれらと歩調あわせるように、製品に表示しているGTIN(JANコード)の流通情報グローバル標準化機関GS1のGS1USでの2027年には2次元シンボル移行が報じられています。

このように2025年には工業製品、食品の製造販売、輸出入に関わる事業者、情報産業などに関わる大きな動きが予測されています。

製品安全と食品安全もその目的は「消費者市場での安全確保」になります。そのための具体的な体制整備や対応システムの準備の支援として当協議会をご利用ください。


  • キャンペーン期間 2022年10月1日〜12月15日
  • 期間中の賛助会員(法人会員)申込の場合会費を50%にしてその後の更新条件にも適用されます。
  • 期間中に賛助会員になられると「安全点検アプリ scodt cloud 」の無料試験運用ができます。ただし、会員登録後3カ月間で登録は10商品(GTIN数)となります。
  • 食品関連メーカーなどの食品安全強化法対策にも有効です。

【キャンペーン中賛助会員費】 

年間売り上げ 賛助会員年会費(キャンペーン価格)
3億円未満3万円→1万5千円
10億円未満5万円→2万5千円
30億円未満10万円→5万円
50億円未満25万円→12万5千円
100億円未満50万円→25万円
300億円未満80万円→40万円
500億円未満120万円→60万円
1,000億円未満150万円→75万円
1,000億円を超える180万円→90万円

前の記事

2022.10.6 PLnews9号