安全点検アプリ「scodt」とその管理システム 「scodt cloud」でできること

製品のユーザー様は

無料アプリをモバイルにDL(無料)しカメラの使用を許可するだけで使用できます。

  • 個人情報などは一切必要ありません。
  • PDFの取説がいつでも製品本体表示、パッケージで閲覧できます。
  • ウェブサイトでは探しにくい手元の製品の動画も閲覧できます。
  • 製品名、型式、製造・販売元などの情報も見やすいトップ画面で確認できます。
  • 法律などの規制をクリアしている証としてのPSEの試験合格証、任意試験結果など安全を証明するPDFをいつでも確認できます。
  • 製品寿命や点検時期到来を画面で確認でき販売者・メーカーサイトにリンクし簡単に的確な対応をしてもらえます。
  • リコール対象品も自分で確認、画面から販売者・メーカーのリコール対応サイトに直接リンクし迅速に対応してもらえます。

システムを利用される事業者様は

このシステムで使用するQRは「GTIN(JANコード)」と「ロットを示す年月・自社のコード」をグローバル標準で組み込んだ流通情報標準化機関(GS1)で批准されたもので現在使用されている一次元シンボルをより高機能化した2次元シンボルですから、今コンテンツがなくても今までのJANシンボルと同様に、QRを製品本体やパッケージなどに表示しておけばいつでもコンテンツを追加、変更などができます。
この高機能なGS1QRコードを生成するためのシステムがこのクラウドシステムです。
このシステムでできることは下記の通りです。

  • scodt cloudにログインすることで様々な管理ができます。
  • 取扱説明書や試験検査証などは模倣防止のためプレビュー画面です。
  • 取扱説明書は多言語化を含め必要な時にいつでも簡単に差し替えができます。
  • 製品のQRにアクセスしたモバイルのデバイストークン(モバイルを特定するコード)を利用し、新たなマーケティング戦略に利用できます。
  • アクセス履歴の利用方法は事業者の方々のアイデアで色々展開できます。

超スマート社会に対応した安全点検アプリです。

自動運転、スマートタウン、スマート家電など、様々な スマート化が進んでいます。もはやこの影響を受けない で済む事業はありません。新型コロナウィルスでテレワ ークが注目されています。災害などで人の移動ができな くなった時にこそ、製品ユーザーとのコミュニケーショ ンが必要なのです。リコールなどの際に、企業の信頼性 を一気に高めることがこのシステムで可能になります。 製品ユーザーを常時把握できれば、販売戦略、製品開発 などの新たな経営スマート化が実現します。

こんなことが解決できます。

  • 製品の表示で正しい最新情報を確認できること
  • 個人情報に依存しないこと
  • アクセス履歴を利用した製品・ロット単位でのサプライチェーン~エンドユーザーへの通知※
  • 中古市場も含めた市場監視・モニタリング※
  • 製品事故対策や品質保証のデジタル化
  • 設計・製造での製品安全スマート化の実装
  • サイレントチェンジ対策
  • 最新のGS1標準の導入で業務効率化など
※取得データで個人情報無しでプッシュ通知することができますが、電話番号やメールアドレスなどでのプッシュ通知のフィッシング詐欺が問題になっています。ルール未定のままでの使用はリスクが高くなるので、現在は制限しております。
ルールが決まり次第いつでも使えるように今からデータ蓄積することを提案します。

賛助会員は直ちに利用開始できます!

賛助会員登録とシステム利用申し込みにより「製品安全点検アプリ すこどっと」のクラウドシステムのログインアカウントを発行します。

  1. 賛助会員申し込み時にシステムのご利用有無を確認させていただきます。
  2. システムご利用受付、費用のお支払い方法が確認され次第、直ちに最新のモバイルシステムを利用できます。
  3. このシステムの説明会は定期的に行いますがご希望があれば御社専用のzoom説明を行います。自社環境がzoomに適さない場合は御社の環境に招待ください。上記のアンケートにお答えいただき、ご指定ください。

【システムの利用料金】 

※年間売上高は事業者規模とその影響力、システム負担を考慮するもので、単にシステム利用商品の売上ではありません
  • PL 保険対象商品の年間売上高が対象となります。
  • 当システム利用に際しては GTIN 数 10 件、50 件、無制限の中から選択できます(料金表②〜④)。
  • コード体系については GS1QR で AI(8200)を利用しています。
  • GS1DigitalLink に移行(計画中)する場合も現状のコード体系での集積データは有効です。
  • 今後、現在停止中の位置情報取得、プッシュ通知機能などの追加を行い費用が変更されますが、既存契約者様には特別割引を適用する予定です。
  • 1,000 億円を超え複数箇所の製造拠点になる場合は事業所ごとの単位などで個別に対応することができます。
  • システムを利用せず GS1QR シンボル発行のみを希望の場合は、1 件あたり 15,000 円(税別)で代理店対応になります。
  • 初期費用には相談、サポートなどの初年度の費用で zoom 対応を基本とします。
  • 年間利用料金は料金表②〜④の中で選択と賛助会費の合計となります。

システム利用手順

  1. GTIN(13桁JANコード)をご用意ください。輸入品の場合はすでに製品パッケージにあるEAN、UPCなどが利用できますが、基本的には自社と製品を特定するコードを取得いただきます。
  2. LOTなどを特定する任意の20桁以内(半角英数)のコード、試験採用では「例 2020test」などで結構です。
  3. お手持ちの製品(本体に概ね縦横22mmのQRを表示できること、そのスペースのない場合はパッケージなど)、GS1QRコードをプリントしたものでもテストなどは可能です。
  4. コンテンツとしての製品の説明書のPDF、なければ説明チラシやパンフレットなどのPDFをご用意ください。いつでも差し替え変更できます。
  5. 電気製品ならPSEの試験データ、金物関係は金属材料の試験データなどのPDFデータをご用意ください。なければ不要で構いません。

システムのご利用に際しては下記の書面をご確認ください。

  1. 下記、ご利用約款・ご利用ガイド・重要事項をご確認の上、お申し込みください。運用ガイド、約款などをよくお読みになり、正しくご利用ください。
  2. 取扱説明書の多言語化やよりわかりやすくするためのノウハウなどはPL検定上級合格者での専門講習でご指導しています。専門家が必要な場合は事務局にてご紹介お取次をいたします。
  3. 登録された情報はご利用停止後も配信されています。削除を希望されるかたは利用期間中に削除ください。
  4. 基本的に賛助会員単位で1ログインアカウントですが、大手などの場合は事業部や担当者が複数になることが想定できます。その場合はお申し出いただき、複数のログインアカウントを発行します。その場合のアカウント管理は利用者の責任に置いて厳格に管理してください。
  5. 事業の合併吸収など現状に変更が生じる場合は事前に事務局に連絡いただき、手続きを行ってください。

>>scodt cloudご利用約款

>>scodt cloud運用ガイド

>>scodt cloud重要事項

>>scodt cloudシステム利用ガイド

※1:上記及び当システム関する書類やアプリストアでの表示などはデベロッパーのものを準用しますので、APLと読み代えてください。順次改定し差し替えます。

※2:システムは開発初期のデフォルトです。不具合などは順次当協議会の任意組織のシステムサポートチームにて利用状況を鑑み改善などを行います。開発に興味のある賛助会員は事務局にお申し出ください。

※3:事前に見積書、請求書が必要な場合は、申し込みフォームにご記入いただくか、別途事務局までご連絡ください。