PL対策推進協議会(APL)って?

超スマート社会になりこれまでの人や紙媒体、さらに web や sns も新技術ではなくなりました。 物流も急速に自動化が進み、店舗のレジもセルフになっています。 製造し販売、実際に使うまでの時間もネットで発注し 24 時間で自宅に配送されるようになり、製 品の出荷前の安全性の確認、販売店での説明はなく、問い合わせもコールセンターや AI が対応する中で製品安全対策も大きく変わりました。

SDGsもすでに学校教育でこどもたちが学んでいます。企業は自社の製品を正しく使用し安全に廃棄されるまでの責任を問われることであり、それも PL 対策です。 これまで司法領域と思われていた PL 対策は PL 法施行から 27 年が経過し、消費者対応とは消費者基本法第5条に示された事業者の責務を達成することの理解も進んでいます。特に「製品事故未然 防止・再発防止」を実現することが最重要で、その取り組み支援するために設立された団体です。

次のような取り組みを支援しています。

体制整備チェックリスト

ガイドラインから見るあなたのトリセツの出来映えは?

無料でお試しいただけます!

お気軽にお問い合わせください。050-6865-5180受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら
MENU
PAGE TOP