電動工具・小型エンジン駆動 製品の安全対策セミナー

〜三条・燕地域の地域活性化に向けた取り組み〜

毎年11月は製品安全月間であり、この地域からは多くの製品安全対策優良企業表彰の受賞企業が選出されています。特に現在リチウム電池を利用した電動工具や発電機、耕運機など様々なものが法律のポジティブリストによってますます製品安全・消費者安全に向けた規制を受ける可能性が高くなっており様々な影響が生じます。

その影響は、これまで問題にならなかった本体やパッケージ、広告、製品の品質表示について消費者庁が、又 PSC・PSE などは 経産省製品安全課の規制下になり、ダイレクトに国が関与することになりました。
リチウム電池や 100V を利用した電動工具は国内大手メーカーにおいてもこの認識が希薄で、リ チウム電池の場合の体積エネルギー密度による規制もネガティブリストからポジティブリストになることを想定した取り組みが急務です。

このため、工具などを多く扱う三条・燕地域事業者などが中心になり、最新の消費者安全対策と流通効率化を同時に可能とし、地域産業の活性化を具体的に行 う取り組みを一気に推進、この地域ブランドを世界に示したいとの多くの方々の思いから今回のセミナーを開催します。

また、今回のセミナーは、一財)電気安全環境研究所(JET)が発起人となって立ち上げた内閣府地 域創生 SDGs官民連携プラットフォーム「安全(製品安全・消費者安全)と SDGs 分科会」との連動企画とし、今後は、製品事故の未然防止と再発防止に事業者と消費者が協力し合える関係を構築 していきたいと考えております。


主 催:一社)PL 対策推進協議会、一社)PL 研究学会
共 催:地方創生 SDGs 官民連携プラットフォーム『安全(製品安全・消費者安全)とSDGs分科会』
後 援:三条商工会議所、燕商工会議所
後援・協賛予定:地域自治体、研機構、一社)日本施設園芸協会、、JGKA、JBMIA、家電製品協会、電動工具などの業界団体など

開催要項

日時:2021年11月26日(金)14時開始、終了予定16時30分 会場設営13時

会場:燕三条地場産業振興センター別館:リサーチコア7F マルチメディアホール(収容人員180名)

定員:80名 Zoom参加100名

開催方法:zoom 配信併用によるハイブリッド

参加費:無料

開催目的:リチウムイオン電池、小型エンジンなどの電動工具や作業機械の安全性についての意見交換

テーマ:製品安全・消費者安全とSDGs(電動工具や作業機械の安全性について)

  1. 地域代表ご挨拶(3名 45分)
  2. 発表1「この分科会について(仮)」分科会責任者 桑原 崇(30分)
  3. 発表2「新たな社会での製品安全とSDGs」 一社)PL研究学会副会長 渡辺吉明(30分)
  4. 発表3「最新!PL対策の普及」一社)PL対策推進協議会代表理事 山岸義彦(30分)
  5. 質疑応答 (20分)
  6. 閉会挨拶 一社)PL対策推進協議会理事 長岡信治(15分)