貴社の製品に添付する「取扱説明書」を、一般社団法人PL対策推進協議会の、検証プログラムで85点以上を確保する内容でお作りいたします。

【取扱説明書データ制作に関する重要事項】

  1. 取材費用は案件内容、クライアント様の場所、持ち込み説明をしていただけるなどを考慮し、割引などの検討をさせていただきます。
  2. 12ページ以上の場合は取材費用は遠方、特殊なケースを除き値引き対象となります。
  3. 製品を持ち込まれる場合は一人で移動可能なものに限定し、場合により分解などを行ったり、実際に使用したりします。キズや梱包などについて受け入れ時の状態を維持できないことをご了承ください。(取扱説明書がある場合は通常は現品不要です)
  4. 上記50ポイント以上の費用と制作期間はAdobe CS環境(DTPフォントのアウトライン処理の無いMac aiデータもしくはaiに書き換え可能なPDF)データ入稿の場合です。よって、検証結果が50ポイント以上でも、制作負担の多い場合は、製作期間の影響や追加費用の発生する場合があります。
  5. 文字データやベクトル(ai)のイラストデータなどの無い場合は、取材などにご協力をお願いします。
  6. 総ページ数24ページもので制作に要する日数は、取材終了後概ね2週間を目安にしていますが、途中、初回校正と第2校正にて修正内容や校正戻りが3日を超える場合は3週間以上要します。
  7. 作業受託に際しては、重要事項確認書をご提出いただきます。特に、編集著作権など、長期的にデータを管理、修正対応などを行うために必要な条件について良くご確認ください。
  8. 第2校正修正完了にて校了とし、納品請求をさせていただきます。その後、3ヶ月以内に3回まで、修正(文字修正など)を無料で対応いたしますが、レイアウトの変更、新規イラストの追加などは都度内容に応じて料金が発生します。
  9. 校了後、もしくは制作開始よりクライアント都合で制作遅延する場合などにおいても、下請法にて定められている通り、作業開始から60日以内に当協議会指定の銀行口座にお振込みください。いかなる場合も61日以上の支払い条件ではお引き受けできません。(ページ数の多いものなどは分納することもあります)

制作に関しては、クライアント様のご意向に極力対応させていただきますので、ご要望などを十分にお打ち合わせさせてください。

新規制作、データ校正(書き換え)費用(税別)

検証結果75ポイント以上一般 30,000円(大幅な変更の場合は取材費用など別途加算)
賛助会員 15,000円(〃)
検証結果50ポイント以上40,000円(取材打ち合わせ費用別途加算 15,000円〜)
新規制作・検証結果50ポイント以下50,000円(取材打ち合わせ費用別途加算 25,000円〜)