概要

プロとアマチュアと素人とはどう何が違うのでしょうか。人より上手いだけではプロではありません。プロトは自立しているものであり、確固たる信念、それを支える知識や技術が根底にあります。おそらく何年もやっているからプロなんだ、ではありません。

時間の長さも時に必要ですがそれでは間に合わないことも多くあります。激変する今の状況下でこの検定に合格し、PL対策のプロとして様々な難問に立ち向かい、仲間と協力していくことが大きな支えになります。

規模ではなく今は個々の質、専門性が問われます。プロとしての自覚を確認いただき、ご自身の夢の実現に向け戦略と戦術などを立てていただき、この検定と講習で培った基盤をより強固にしていただきたいと思います。この検定〜講習の仕上げです。プロの仲間入りをしていただきます。

講師プロフィール

渡辺吉明

1949年長野県生まれ、1972年米国ミシガン州の機械メーカーに就職、1975年に帰国、フリーのR&Dスペンシャリストとして活動開始。1975から香港に拠点を設け国内、米国、EUなどの電機メーカー、中国の工場などとのデザイン、技術アドバイザーとして活動、1980年代は現在の地上用太陽電池やELなどの要素技術開発、応用製品開発、1990年から2010年は輸入事業者や通販事業者の製品開発でのアドバイスやカタログ媒体検証や製品事故の体制整備指導を行う。1994年からPL対策の研究を開始、R&D専門家として、企業防衛ではない正しいPL対策マニュアルを作成、東京海上池袋支店などで代理店や保険契約者に多数指導。2005年「テクニカルデザイナーからのメッセージ」を出版、「最新!PL対策解説書2011」「最新!PL対策解説書2015」「最新!PL対策解説書2019」「最新!PL対策解説書2020」「取扱説明書ガイドライン2015」「取扱説明書ガイドライン2016」その他、指導教育用マニュアルなどを執筆、この協議会で出版・販売している。 

2015年にPL研究学会を設立、現在は製品リコール研究部会長、製品リコール検討委員会副委員長、PL対策推進協議会会長。 

scodtの特許取得と社会実装の準備が整ったので、コンサルティングを再開した。 

コンサルティングの内容は>>(PDFリンク) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です