テーマ:Society5.0社会に求められる製品安全対策 〜最新PL対策による未然防止の取り組み〜

【申込みフォーム】
【お知らせ】
4月17日に予定しております、当協議会主催の製品安全シンポジウムは予定通り開催いたします。
但し今後の状況によっては発表者、招待者だけでの開催もあり得ますことをご承知ください。

コロナウイルス感染予防対策に関しては、「こちらのご案内」でご確認ください。
-----------------------------

開催日:2020年4月17日(金)時 間:12:15受付開始 13:15〜16:20
会 場:板橋グリーンホール601号 東京都板橋区栄町36-1 (定員60名)
主 催:一般社団法人PL対策推進協議会
参加費:ご招待者:無料、会員:1,000円、一般:5,000円 当日受付で支払いください
参加対象:製品安全に関係する、若しくは関心の高い個人、団体、法人など
共催:一般社団法人PL研究学会
協賛:一般社団法人日本ガス石油機器工業会
後援:一般社団法人セーフティグローバル推進機構
   一般財団法人流通システム開発センター

【開催趣旨】
1995年のPL法施行当時以降、製品安全対策は製品欠陥に於ける事故発生を想定した体制や準備などで、特に事故予防策として取扱説明書や本体表示は重要な役割でした。その後、25年経過し社会環境、産業構造が様変わりし、自主回収・リコールによる事故未然防止ができていません。CPSCのリコール監視規制強化の流れはOECDでの情報共有が進んでいます。事故未然防止に実行性のある具体的な取組みについて、PL研究学会の協力を得て、一般社団法人PL対策推進協議会(旧日本テクニカルデザイナーズ協会)による下記の内容でシンポジウムを開催します。

広義の品質保証とPL対策で事故を未然に防止するための取組みとして特に経産省が一昨年公表した「製品安全のスマート化」を進める為の取組み方法などを「最新!PL対策2020」として公表させて頂きます。

【プログラム予定】
12:15 受付開始
13:15 開会  注意事項など
司会  菅野裕副理事長(事務局)
開会挨拶 伊藤美奈子副理事長

13:25 基調講演1(20分)
消費者庁の消費者安全に関する取組みについて
消費者庁消費者安全課 課長補佐 落合英紀様

13:45 製品安全取り組み報告1(20分)
(一社)日本ガス石油機器工業会の製品安全への取組み
(一社)日本ガス石油機器工業会 安全対策委員会
委員長 豊田浩寿様(リンナイ株式会社 品質保証本部 次長)

14:05 製品安全取り組み報告2(20分)
株式会社プラスワンスタイル 代表取締役社長 山村則子様

〜15:15 休憩 50分〜
展示企業等による事業紹介のプレゼンテーションを予定
名刺交換などにご利用ください。会場内展示物などもご覧ください。

15:15 最新!PL対策2020 ~未然防止の取り組み(45分)
渡辺吉明理事長(PL研究学会製品リコール研究部会長、製品リコール検討委員会副委員長)

16:00 閉会挨拶
16:20 閉会・解散

【会場出展予定】
①国立研究機関 農研機構 農業技術革新工学研究センター
②一般財団法人日本ガス石油機器工業会(ポスター、チラシ)
③GS1Japan’(ポスター、チラシ)
④一般社団法人セーフティグローバル推進機構
⑤(賛助会員)TDNインターナショナル株式会社(scodt関連)
⑥(賛助会員)株式会社プラスワンスタイル(熊の捕獲器など)
⑦(賛助会員)株式会社ナガオカ.リコー(ねじ釘、和包丁、金物など)
⑧(賛助会員)株式会社WINCLE(食品、化粧品通販)
⑨(賛助会員)有限会社祥和舎(トリセツデータナビ)

【申込みフォーム】