Society5.0での製品安全

  • 製品安全のスマート化は機械のIoT/ICT化を進めてもリコールが効果的に行なわれないと企業も消費者も大きな損失になる
  • 電気製品でも多くの場合、ICT実装できない(圧倒的にこの種の製品の方が多い)
  • 電池化の影響で製品寿命が短くなっている一方でLEDなどのように10年も使えると購入時期もわからない(経年劣化事故に繋がり易い)など

リスクコミュニケーションがこの先の繁栄を支える

  • 異常や不具合情報の取得(発見)
  • 製品の適正な寿命がきたら確実に伝える
  • 迅速なリコール告知で使用中止を伝える
  • 流通段階での不良品の発見方法の確立
  • 異常をリアルタイムに通知する手段の確保
  • 各プロセスのデータ解析によるリアルタイムの状況監視と対応

賢い経営が求められています

  • 出荷した後のアフターマーケットまで裾野を広げた顧客情報管理が必要
  • 過去のロットをいつでも確認できる品質管理のシステム化
  • ICT/IoTではグローバルでのユニークコードが重要

B2B2Cの安全情報共有が鍵